SSブログ
ブログ引っ越しました!

浅次郎のFX自動売買ソフトで家を建てる話2

ファーウェイ禁輸措置強化で一層ドル安が進む?

2020年8月18日、アメリカは華為技術(ファーウェイ)に対する禁輸措置の強化を実施。ファーウェイの関連企業38社を禁輸措置の対象に追加しました。これで禁輸措置の対象となったファーウェイ関連会社は152社。米中関係は更なる悪化の道を辿ることに。これを受けてドル円はどう動いた?今後の値動きは?



どもどもasajiroです。



アメリカがファーウェイに対する締め付けを強化し、

新たに関連38社を禁輸措置としたみたいですね。



ファーウェイ禁輸措置.jpg

米国、ファーウェイへの禁輸措置強化-半導体へのアクセス遮断へ



日本に住んでる我々からすると、



「一体何をしてるんだ?」

「ファーウェイってなに?」



という感想を抱く人も少なくないと思いますが、

ファーウェイ(HUAWEI)は世界2位のスマホメーカー。



ファーウェイのシェア率.jpg



その多くが「中国国内での販売(シェア4割)」なんだけど、

昨今は欧州やアメリカでも販売を増やしていたわけ。

そして、次世代規格の「5G」で一歩リードしてるのです。



日本ではあまり馴染みのないスマホメーカーだけどねー。

世界では違うんですなー。



で、アメリカのトランプ大統領は、

「米国は国内にファーウェイ製の機器があることを望まない。 なぜなら彼らは米国をスパイしているからだ」

と言ってファーウェイ潰しに乗り出してるわけ。



ま、スパイ云々の真偽は分かりませんが、

要は次世代高速通信「5G」を巡るハイテク覇権争いなわけです。



当然これは「米中戦争」の一環。

ファーウェイ潰し=中国への攻撃・・・です。



で、この「ファーウェイ排除」の動きですが、

当初はアメリカの独善的な処置と取られていたのですが、

現在は、イギリス・フランス・EU諸国・インド・オーストラリア・日本などが「ファーウェイ排除」の動きを進めています。



当初、欧州各国はファーウェイ排除に消極的だったのですが・・・

香港問題をキッカケに・・・旧宗主国であるイギリスが「ファーウェイ排除」を宣言。



香港問題.jpg



続いてフランスやEUもファーウェイ排除に向けて動きだしたわけです。



ちなみに、韓国はアメリカと中国の間で板挟み。

ドイツは中国寄りの姿勢を取っています。



で、今回のファーウェイ関連企業の追加禁輸措置で

為替がどう動いたかというと・・・?



ドル円の動き20200818.jpg



ドル円は一気に100pips以上ドル安となりました。

ユーロドルも1.190の高値圏まで上昇。



アメリカによるファーウェイ攻撃は大統領選が終わるまでは確実に続くでしょう。

なぜなら、今のトランプ大統領には敵が必要だから。

(バイデンさんが大統領になったら・・・???)



そして、香港問題で価値観の違いを再認識した欧州が、

これからこぞって「ファーウェイ排除」に動くでしょう。



この分だと・・・あと3ヵ月は「ドル安」の流れが止まりそうもないですなー!

チャンス見て・・・ユーロドルのロングか、ドル円のショート入れておくといいかもしれませんねー。



参考まで。



>>>次のページ(新型コロナワクチン「スプートニクV」は安全?副作用は?)

<<<前のページ(無料自動売買ソフト「WhiteBearV1apex2」2020年7月実績。)




自分で稼ぐ力が欲しい方は是非。
yaji-009.gif

asajiroのFX自動売買講座です。
「損しない自動売買ソフトの選び方」「32分で1万円稼ぐ裏技」などプレゼント中!
nice!(0)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:マネー

「THV v4システム」mt4ユーザー必見。


「コメント」頂けたら嬉しいです。遠慮なくどうぞー!

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました


Penguinbanner2.jpg
★asajiroからのプレゼント♪
FX資金を貯める!教材資金を貯める!
その為には・・・ノーリスクで稼げる「自己アフィリ」が一番。
Copyright © FX初心者が無料の自動売買ソフトを使って家を建てる話 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます