So-net無料ブログ作成
1ヶ月1680円(メモリ1GB)のFX用VPS。WIN1プランがオススメ♪

今まで1人でFXをやって来た方、FXを諦めたくない方へ。

mailmagazin-anime1.gif「FX自動売買マスター30日集中講座」
★これからは一緒に歩んで行きましょう。
asajiroのメルマガに登録すると・・・FXの基本、FXに必要な知識、絶対守るべきルール、自動売買のイロハ、EAの選び方、裁量トレードのやり方・・・などを学ぶことが出来ます。【asajiro今日の相場眼】も絶賛配信中!
登録特典も多数あり!お楽しみにメルマガ登録はこちら♪[ひらめき]

米中通商合意の期待でドル円・株上昇。今後は?

【2019年11月8日】ドル円・日経平均が上昇してますね。原因は「米中貿易協議進展」への期待。
近く米中通商合意がなされ、関税が段階的に撤廃されるという期待が膨らんでいますが・・・果たしてそう上手く行くのかどうか?



どもどもasajiroです。



ドル円・株が上昇してますねー。



日経平均・不ドル円20191108.jpg



日経平均は23,000円を突破して今年最高値。

ドル円も109円半ばまで上昇しました。



これは「米中貿易協議」が進展を見せ、

今後の米経済に明るい兆しが見えたことが大きく、

投資家心理が「リスク選好」になったことを示しています。



安全資産である円や債権を売り、

ドルや株にお金が流れているわけです。



で、問題はこのままリスク選好が続くかどうかですが・・・

当然米中貿易協議の進展次第でしょうね~。



米中通商協議合意2019-1.jpg



というのも、

米中にはかなり温度差を感じるんですよ。



今回の米中通商合意について発表したのは中国側ですが・・・

ドル、対円・スイスフランで上昇 米中合意への期待で=NY市場



米国側はハッキリとした発表を行っていないんですよね。

というのもホワイトハウス内では激しい反対論もあるんだそうな。

追加関税の段階的撤廃、米政権内に強い反対論=関係筋



そもそもこの「米中貿易協議」は

トランプ大統領の「選挙対策」である側面が強いわけでありまして、

中国側が期待している「段階的に全ての関税撤廃」ということにはならんだろうと見ています。



何故かといえば、米中貿易摩擦は武器を持たぬ戦争ですからね。



カードの押し引きはあるでしょうけど、



押し引き.jpg



決着が付くまで終わりはないだろう・・・と、私は考えています。



というわけで、

ドルの上昇は一時的なもの・・・と思ってるわけですが、

通商協議の進展次第でもうちょっと上がるかもっすね。

トレンドには逆らわない方がいいと思いまっす。



しかし米国株はこれバブルじゃないの~~~?



ではまた!



>>>次のページ(初心者にも使える無料EA「WhiteBearV1apex2」2019年10月実績。)

<<<前のページ(【11月1日発表】2019年10月米雇用統計回顧。2020年のドル円は?)




真面目な方、お金を稼ぎたい方は是非。
yaji-009.gif

asajiroのFX自動売買講座です。
「損しない自動売買ソフトの選び方」「32分で1万円稼ぐ裏技」などプレゼント中!
nice!(0)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:マネー

【11月1日発表】2019年10月米雇用統計回顧。2020年のドル円は?

2019年11月1日、2019年10月の米雇用統計が発表されました。GMストの影響で超弱気な予想でしたが、結果は予想より大きくプラス。アメリカの雇用市場はまだまだ健全。さらなる利下げは小休止となりそうです。今度のドル円はどうなる?2020年はドル安?



オッス!asajiroです。



イギリスでは総選挙に向けた選挙戦が始まったようですねー。



FORブレグジット4.jpg



戦前の予想でもどうなるかサッパリ分からない?

これで保守党が過半数取れなかったら一体どうなるんだろうねー。



また「ふりだしに戻る」じゃないの???



イギリスの選挙戦には要注目です。

為替にもかなり影響与えると思います。



さて、



2019年10月の米雇用統計を回顧したいと思います。



【2019年10月米雇用統計】

◎非農業部門雇用者数。予想:+8.9人→結果:+12.8万人
◎民間雇用者数。予想:+8.0万人→結果:+13.1万人
◎失業率。予想:3.6%→結果:3.6%



ははあ。予想の数字がめちゃくちゃ弱気だったのは、

GMのストが影響していたわけね。

米雇用統計、10月は12.8万人増 GMスト影響も予想上回る



しかし結果は予想よりプラス。



米中戦争による景気減速が囁かれていますが、

まだまだ雇用市場は健全なんだねー。



で、



チャートはどう動いたかな?



20191101eurusd雇用統計.jpg
米雇用統計発表後のユーロドルのチャート。
瞬間的にドル高ユーロ安で反応するも大きな動きはなくイッテコイ。



20191101usdjpy雇用統計.jpg
米雇用統計発表後のドル円のチャート。
こちらも瞬間的にドル高で反応するもイッテコイ。その後は若干ドル高方向へ。



というわけで、

ほとんど動かず。



それよりも前日のFOMCの動きの方が大きかったですね。



FOMCでは予想通り利下げが発表されました。



こちらは瞬間的にドル高で反応した後に、

ドル安となりました。



利下げは基本的にドル安要因でありますが・・・



さて今後はどうなるんでしょうねえ。



雇用市場は十分健全・・・ということもあり、

利下げは小休止ということになりそうですが、

さらなる利下げ圧力が高まるのは必至だと思われます。



個人的には2020年はドル安で見てるんですけどね。

今年はもう大きな動きはないかな。



私の雇用統計予想は「ドル安」。

しかしほとんど動いてないから当たりともハズレとも言えない結果でした。



さて、11月はFOMCなし。

ブレグジット関連も12月12日の総選挙まで大きなイベントなし。

気をつけるとしたらECB関連くらいか。



10月の自動売買はチョイプラでしたが、

11月は頑張って欲しいなー。



参考まで。



>>>次のページ(米中通商合意の期待でドル円・株上昇。今後は?)

<<<前のページ(【米雇用統計】2019年10月米雇用統計予想。)



オススメツール「天底チャートmt4」
天底バナー.jpg



自分の力でお金を稼ぎたい方は是非おいでませ。
yaji-009.gif

asajiroのFX自動売買講座です。
「損しない自動売買ソフトの選び方」「32分で1万円稼ぐ裏技」などプレゼント中!
nice!(0)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:マネー

【米雇用統計】2019年10月米雇用統計予想。

2019年11月1日、10月の米雇用統計が発表されますが、その前にFOMCがありますね。市場は完全に「利下げ」を織り込んでいますが、チャートはどう動くのか?それを受けて雇用統計はどういう結果になるか?予想はドル安。



どもどもasajiroです。



混迷を深めるブレグジット問題ですが、



FORブレグジット.jpg



1歩前進して、12月12日に総選挙が行われるみたいですね。

ジョンソン氏「賭け」に勝つか-総選挙が裏目に出るこれだけのリスク



これで与党保守党が過半数を取れば、

ブレグジットは一気に軟着陸へと進むでしょうけど、

仮に、そうならなかった時には・・・?



いずれにせよ、ブレグジット問題は12月12日の総選挙の結果待ちです。

ポンドの動きは「総選挙」の動向で大きく変わって来そうですね。



ポンドショート戦略は一旦様子です。

(まだ二転三転あるかもです)



さて、



今週末、米雇用統計が発表されます。



タイトルバナー2.jpg



まず・・・前回「9月米雇用統計」の結果は?

◎非農業部門雇用者数。予想:+14.0人→結果:+13.6万人
◎民間雇用者数。予想:+13.3万人→結果:+11.4万人
◎失業率。予想:3.7%→結果:3.5%



前回雇用統計時のユーロドルのチャート。
20191004eurusd雇用統計.jpg



前回雇用統計時のドル円のチャート。
20191004usdjpy雇用統計.jpg



予想からチョイマイナスだったのですが、

失業率が3.5%になったこともあり、

多少上下するもほとんど動きなし。




◆雇用統計とは?
米雇用統計では、失業率とNFP(非農業部門雇用者数:nonfarm payrollsの略)を中心として、製造業就業者数・小売業就業者数・週労働時間・賃金インフレの状態を示す平均時給など10数項目が発表されます。



今回の「2019年10月米雇用統計」の予想。

◎非農業部門雇用者数:+8.5万人
◎民間部門雇用者数:+8.0万人
◎失業率:3.6%



むう。今回はかなり弱気な数字ですねー。



一桁予想とか久しぶりじゃないかなー。




2015年
1月 +26万人
2月 +29万人
3月 +12万人
4月 +22万人
5月 +28万人
6月 +22万人
7月 +21万人
8月 +17万人
9月 +14万人
10月 +27.0万人
11月 +21.1万人
12月 +29.2万人
2016年
1月 +15.1万人
2月 +24.2万人
3月 +21.5万人
4月 +16.0万人
5月 +3.8万人
6月 +28.7万人
7月 +25.5万人
8月 +15.1万人
9月 +15.6万人
10月 +16.1万人
11月 +17.8万人
12月 +15.6万人
2017年
1月 +22.7万人
2月 +23.5万人
3月 +9.8万人
4月 +21.1万人
5月 +13.8万人
6月 +22.2万人
7月 +20.9万人
8月 +15.6万人
9月 -3.3万人
10月 +26.1万人
11月 +22.8万人
12月 +14.8万人
2018年
1月 +20.0万人
2月 +31.3万人
3月 +10.3万人
4月 +16.4万人
5月 +22.3万人
6月 +21.3万人
7月 +15.7万人
8月 +20.1万人
9月 +13.1万人
10月 +25.0万人
11月 +15.5万人
12月 +30.1万人
2019年
1月 +30.4万人
2月 +2.0万人
3月 +19.6万人
4月 +26.3万人
5月 +7.5万人
6月 +19.1万人
7月 +16.4万人
8月 +13.0万人
9月 +13.6万人



雇用統計予想の前に・・・



これを書いてる10月30日はFOMC開催中。

今日の26:00(深夜3時)にパウエル議長による声明の発表がありますよ。



すでに、



今回のFOMCでの利下げは確定的。



市場もそれを織り込んでますので、

問題は次回の利下げ時期に関する言及があるかどうかでしょう。



とにかくFOMC前後は大きく値動きする可能性大なので、

かならず自動売買はストップするようにして下さいねー。



さて、



今回の雇用統計はそのFOMCを受けた後に発表されるわけですが、

気になるのは超弱気な予想



これはどういうことなんだろう。



急激に雇用市場が弱くなっているってこと?

それとも一過性のもの?

それとも景気後退の始まりなのか?



米中貿易戦争の影響が実経済にも及んできた・・・

ということであればかなり深刻な感じありますよね。



いずれにせよ雇用統計での動きはあまりないと思いますが、

予想はドル安としておきます。



そろそろ反動来そうな感じ。



ではまた!



>>>次のページ(【11月1日発表】2019年10月米雇用統計回顧。2020年のドル円は?)

<<<前のページ(ブレグジット離脱延期後ポンドはどうなる?)




管理人も使っている「THV v4システム」について解説してます。



自分でお金を稼ぐ力をつけるべし。
yaji-009.gif

asajiroのFX自動売買講座です。
「損しない自動売買ソフトの選び方」「32分で1万円稼ぐ裏技」などプレゼント中!
nice!(0)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:マネー
Copyright © FX初心者が無料の自動売買ソフトを使って家を建てる話 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます